カレーマニアの備忘録☆

カレー好き➝カレーマニアへの道

本格カレールー蜂カレー

1905年 (明治38年) 日本初の国産カレー粉を調合した大和屋二代目「今村弥兵衛」伝承
 
本格カレールー「蜂カレー」で作ってみました。

1日目

とってもおいしかった(^^♪
 1905年(明治38年)に、このカレーを食べた人はビックリしただろうなぁ~。
 

2日目

カレーライスにじゃがいもを入れる派?入れない派?賛否両論あると思います。
 
私は、1日目は入れず2日目に入れる派です。
 
カレーは2~3日で食べきるようにしてます。あまり胃が丈夫じゃないので (^^;
 
じゃがいもを入れると煮崩れしたり、痛んだり…でも、じゃがいも入ったカレーライス大好きなので、2日目のカレーに入れてます。
 
じゃがいも入れたら、このボリューム感。おいしかった(^^♪
 

3日目

自分ちはジャワカレー派なので、他のカレーを作ったら1人で食べきるのが原測 (^^;
 
3日目は…
 
焼チーズカレーにしました。
 
ごはんとカレーを混ぜて、とろけるチーズをのせてオーブントースターで焼くだけの超簡単メニュー。「蜂カレー」3日間でおいしく完食しました (^^)d
 

商品情報 

今回は5皿分作りました。
◆材料
蜂カレー・カレールー 100g
肉(豚肉カレー用)  150g
玉ねぎ        中1個
にんじん       小1/2本
サラダ油       適量
水          約3カップ (約600cc)
 
◆作り方
➀肉、野菜などを適当な大きさに切り、サラダ油でよく炒める。
 
➁水を加えて材料が柔らかくなるまで弱火~中火で煮込む。(約15分間)
 
➂火を止めカレールウを入れて溶かし、弱火でとろみがつくまで煮込む。
 
日本初の国産カレー粉 蜂カレー名前の由来
大和屋(現:ハチ食品)の二代目今村弥兵衛がカレー粉を作っていた時、窓辺に止まった一匹の蜂に朝日が注がれ、黄金とも飴色ともいえるような輝きを放っていました。その素晴らしい光景に、弥兵衛はこのカレー粉を蜂カレーと名付けたと言われています。
と、あります。 蜂が入ってるわけでも蜂蜜が入ってるわけでもないようですね (^^)
 
名称:カレールウ(フレークタイプ) 原材料名:食用油脂(牛脂、豚脂)、小麦、カレー粉、糖類(砂糖、乳糖)、食塩、コーンスターチ、ビーフエキス、チャツネ、香辛料、香辛野菜、コーンフラワー、トマトペースト、ソース末、しょうゆ末、ココナッツペースト、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸味料、香辛料抽出物、香料
 
栄養成分 一皿 (ルウ20g) あたり:エネルギー104kcal / たんぱく質1.4g / 脂質6.9g / 炭水化物9.0g / ナトリウム668mg  / 食塩相当量 1.7g
 
販売者 ハチ食品株式会社
公式ホームページ ハチ食品(Hachi)
 
 
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ